内容

NIWA芝 Projectとは

エバグリーン方式(種まき)方法による、東日本・熊本大震災で被害を受けた幼稚園や小学校や中学校の土のグラウンドを芝生化の推進事業です。

対象

震災で被害を受けた地域の下記施設を中心です。

  1. 幼稚園
  2. 小学校
  3. 中学校

スケジュール

  • 苗の植え付け
    • 5月末 〜 8月末(環境により植え付けの時期が変動)
  • 完成時期
    • 植え付けから約2ヶ月
  • 管理
    • 水やり、芝刈り、肥料を定期的に与えて管理する

移植後の管理方法

1.潅水

  • ①移植当日は水が浮き上がるほどにたっぷりと散水する。
  • ②移植後2ヵ月は毎日灌水して下さい。なお、ホースなどで手作業で散水する場合でも、少なくとも週に2~3回程度の灌水をして下さい。
  • ③梅雨明けから9月中旬までの雨が少ない時期は灌水を多くする。
  • ④10月下旬から4月までは原則として灌水は不要。
    • ※夏の灌水は基本的に毎日の作業となります。

2.施肥

  • ①ランナーの発生を促進する目的で、移植後2ヵ月間は月に2回の施肥を行う。
    • ※一回の施肥に必要な肥料の量は、窒素・リン酸・カリウムがそれぞれ14-14-14%の化成肥料を、1,000㎡あたり20kgを目安とします。(ティフトンの初期生育には多めの肥料を必要とします。)
  • ②移植後3か月目からは、月1回の施肥を行う。
  • ③成長が停止する冬季(12月~3月)は原則として施肥しない。

3.芝刈

  • ①移植後1か月間は芝刈りをしない。
  • ②移植後1か月から2か月までは、高さ5cm、10日~14日間隔で芝刈りをする。
  • ③移植後3か月目以降は、高さ4cm、4日~7日間隔で芝刈りをする。刈った芝は集めて捨てる必要なし。
  • ④10月下旬から4月までは芝の成長に合わせて芝刈り回数を減らす。
    • ※芝刈作業は週に1度は行います。